tg-fitness

2013年11月22日金曜日

重心移動と股関節の動きその2


                       スキートレーニングビデオ「重心移動と股関節の動き」

           今回は重心が谷足に 残ってしまったパターンです。

       きりかえ場面でのスムーズな重心移動では股関節の柔軟な動き
       が必要になります、ターン中は股関節周りの筋肉が緊張した状態
       になります、この緊張状態でもスムーズに動かせたら超一流ですね!

              ターンの終わりが遅くなりすぎないこと

              次の外脚への荷重を早くしすぎなければ

            ある程度はリラックスした状態で動かせるでしょう。

         谷側の股関節がうまく機能しないため上半身だけが谷側に
       
             突っこんでしまう形になってしまいます。
              当然次のターンは成功しませんね。

           次回は重心が山側に残ってしまうパターンです。

       
     
                                      kazu

0 件のコメント:

コメントを投稿