tg-fitness

2014年4月23日水曜日

TPI セミナー受講中!


TPI レベルⅡセミナーが日本で行われています、

                 今回TGFからも6人のトレーナーが参加しています。

                 レベルⅡのセミナーは日本では初めて行われています

                 貴重な体験を生かし早く皆様に還元できればと思っています。

                     kazu 











2014年4月14日月曜日

コブへのステップ<完成形>

 
               コブへのステップ、今回は完成形です。
 
               イメージとしてはⅢの浅いコブの滑りと変わりません、
 
               ただ斜度やコブの大きさが違いますから
               1、谷方向への重心移動
               2、前後、上下、左右の身体の動き
               は大きくなります。
 
               僕がこの時に意識したことは
               1、手の位置(特に切りかえでの山側の手)
               2、三日月のとんがり~真ん中までをイメージする
               3、両膝のかえし(スキーの向きより谷方向へ)
               
 
               いきなりコブの中では意識、イメージすることはむずかしいです
               余裕のある整地の中で繰り返し練習すること、整地でコブを
               想定して行います。
 
 
 
 
               今度は雪上で一緒に練習しましょう!
 
                   kazu

2014年4月12日土曜日

コブワンデイレッスン


『 コブワンデイレッスン 』

【日程】 5月17日(土)

【会場】 かぐらスキー場

【定員】 8名

【参加費】 ¥8000(レッスンフィー)

【内容】 コブのスペシャルレッスン

【集合解散】 集合 8:00みつまたロープウェー乗り場付近
         解散 15:30予定

 *参加費は現地にて集めさせていただきます。
 *申し込みされた方に確認の連絡をさせていただきます。
 *傷害保険に加入済みの方が対象です。

 申込み問い合わせは こちら です


2014年4月9日水曜日

コブへのステップ<浅いコブ>

 
               コブへのステップⅢは浅いコブに挑戦です!
 
               苦手な方にしてみるとステップⅡとステップⅢの間には
               いろんなたたかいがあり果てしなく長いトンネルのような
               思いがあるでしょう。
 
               しかしスキーヤーがやるべきことは整地とあまり変わりは
               ありません、メンタル面はかなり違いますが・・・
               
               1.三日月のとんがり~真ん中(谷回り)部分をイメージする
               2.切りかえにおいて削ろうとする三日月(ターン)よりも身体を
                 内側に入れること
 
               ステップⅡとⅢを繋げるポイントはステップⅠとⅡの段階で
               の練習ということになります。
 

 
 
 
                                         次回はコブへのステップ完成形です。
 
                  kazu

2014年4月4日金曜日

コブへのステップ<ショートターン>

 
 
               コブへのステップ今回は整地でのショートターンです。
 
               ボーゲンではターン外スキーで雪面を削りました
               パラレルでは両スキーで行います。
 
               リズムは早いですが
               1、雪面を三日月状に削る
               2、わずかですが切りかえでは直線に進む
               3、削りはじめの方向とデリケートさ
 
               は変わりません、リズムが早い分三日月のイメージは
               しやすいですね。
 
               
               ボーゲンとパラレルの違い、形はもちろんですが
                
               切りかえでの移動量が違ってきます、重心が内スキー
               よりもターン内側に位置しないと始まらない。
 
               パラレルの難しさはそのへんにあります。
 
               
 
 
               次回のステップは浅いコブです。
 
                kazu